トップページ > > 皮膚の特定疾患 > 混合性結合組織病(MCTD)

混合性結合組織病(MCTD)

スポンサード リンク

混合性結合組織病(MCTD)とは

混合性結合組織病(MCTD)とは、全身性エリテマトーデス(SLE)強皮症多発性筋炎のような症状が混在し、かつ血清中に抗U1-RNP抗体が高値で検出される病気です。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

混合性結合組織病(MCTD)の症状は

手指の蒼白化、手指のはれ、SLEの症状、強皮症の症状、筋炎の症状、肺高血圧症、無菌性髄膜炎、三叉神経障害などの症状があらわれます。

混合性結合組織病(MCTD)関連サイト

全国膠原病友の会
http://www.kougen.org/

免疫の難病サイト一覧
皮膚の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

皮膚の特定疾患一覧

表皮水疱症   膿疱性乾癬   天疱瘡   強皮症   好酸球性筋膜炎   重症多形滲出性紅斑(スティーブンス・ジョンソン症候群)   硬化性萎縮性苔癬   混合性結合組織病(MCTD)   神経線維腫症2型(NF2)   結節性硬化症(プリングル病)   色素性乾皮症(XP)   先天性魚鱗癬様紅皮症