トップページ > > 骨・関節の特定疾患 > 後縦靭帯骨化症(OPLL)

後縦靭帯骨化症(OPLL)

スポンサード リンク

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、背骨の後ろ側にあり、背骨同士をつないで支える役目をしている後縦靭帯が骨のように硬くなり、分厚く大きくなって神経を圧迫することでひきおこされる病気です。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

後縦靭帯骨化症(OPLL)の症状は

頚椎にこの病気がおこると、首筋や肩胛骨周辺の痛みやしびれ、手の指先のしびれにはじまり、やがて上肢の痛みやしびれ、下肢のしびれ、知覚障害、運動障害がでてきます。胸椎にこの病気がおこると、下肢の脱力やしびれなど、腰椎におこると歩行時の下肢の痛みやしびれ、脱力などがあらわれます。

後縦靭帯骨化症(OPLL)関連サイト

全国脊柱靭帯骨化症患者家族連絡協議会
http://zensekityuuren.jpn.org/

骨・関節の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

骨・関節の特定疾患一覧

後縦靭帯骨化症(OPLL)   黄色靭帯骨化症   前縦靭帯骨化症   特発性大腿骨頭壊死症   特発性ステロイド性骨壊死症   広範脊柱管狭窄症   進行性骨化性線維異形成症(FOP)