トップページ > > 血液の特定疾患 > 再生不良性貧血

再生不良性貧血

スポンサード リンク

再生不良性貧血とは

再生不良性貧血とは、赤血球、白血球、血小板のすべてが減少する血液の病気です。骨髄の造血幹細胞が減少し、血を造る力がひどく低下している状態です。

※再生不良性貧血のうち、遺伝子の異常により生まれつき起こるものは「ファンコニー貧血」とも呼ばれます。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

再生不良性貧血の症状は

赤血球の減少により、めまい、頭痛、だるい、疲れやすい、動悸、息切れなど、酸素欠乏の症状があらわれます。白血球の減少により、感染症にかかりやすくなり、発熱などの症状があらわれます。血小板の減少により、出血しやすくなり、皮膚の紫斑、鼻や歯肉からの出血、ひどい場合には血尿、下血、脳出血などが起こることもあります。

再生不良性貧血関連サイト

すずらん会
http://www.toyamav.net/~suzuran/

リボンの会
http://ribonnokai.info/

再生つばさの会
http://www.xyj.co.jp/tsubasa/

血液情報広場・つばさ
http://tsubasa-npo.org/

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群