トップページ > > 血液の特定疾患 > 溶血性貧血

溶血性貧血

スポンサード リンク

溶血性貧血とは

溶血性貧血とは、赤血球が急速に溶けて壊れてしまうことでおこる貧血です。生まれつき赤血球に異常がある先天性のものと、赤血球に異常はなく、免疫や血流の異常などに原因がある後天性のものがあります。

溶血性貧血の症状は

主にめまい、頭痛、疲労感、動悸、息切れなどの貧血症状ですが、軽い黄疸がみられることもあります。ほかに、脾臓がはれることもあり、胆石にかかりやすくなったり、尿の色が濃くなったりもします。

溶血性貧血関連サイト

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群