トップページ > > 免疫の特定疾患 > 多発性筋炎・皮膚筋炎

多発性筋炎・皮膚筋炎

スポンサード リンク

多発性筋炎・皮膚筋炎とは

多発性筋炎とは、筋肉がおかされる病気で、皮膚症状をともなうものは皮膚筋炎と呼ばれます。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

多発性筋炎・皮膚筋炎の症状

筋力低下により、疲れやすくなったり、力がはいらなくなったりします。四肢の筋力低下のほか、食べ物を飲み込むのに必要な筋肉や言葉を話すのに必要な筋肉の筋力低下により、「飲み込みにくい」「鼻声になる」などの症状があらわれることもあります。皮膚筋炎ではこれらに加えて紅班がおこります。また、筋肉以外でも関節、呼吸器、心臓などの症状があらわれることもあります。

多発性筋炎・皮膚筋炎関連サイト

ペンタスの会 (皮膚筋炎・多発性筋炎とそれに類する疾患患者の会)
http://pentas.webcrow.jp/

全国膠原病友の会
http://www.kougen.org/

東京進行性筋萎縮症協会
http://to-kin-kyo.org/

免疫の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

免疫の特定疾患一覧

大動脈炎症候群(高安病)   バージャー病(ビュルガー病)   結節性動脈周囲炎(結節性多発動脈炎・顕微鏡的多発血管炎)   ウェゲナー肉芽腫症   アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)   悪性関節リウマチ   側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)   全身性エリテマトーデス(SLE)   多発性筋炎・皮膚筋炎   シェーグレン症候群   成人スティル病   ベーチェット病   抗リン脂質抗体症候群