トップページ > > 血液の特定疾患 > 骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)

骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)

スポンサード リンク

骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)とは

不応性貧血(骨髄異形成症候群)とは、骨髄の造血機能の異常により、赤血球、白血球、血小板のすべてが減少している状態です。5つの病型に分類され、病型によっては白血病に移行しやすいものもあります。

骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)の症状は

動悸、息切れ、倦怠感、脱力感、疲労感など、貧血の諸症状があらわれます。徐々に進行していくため自覚症状があまりなく、白血球の減少による感染症や、血小板の減少による出血症状をきっかけにして診断されることがあります。

骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)関連サイト

すずらん会
http://www.toyamav.net/~suzuran/

再生つばさの会
http://www.xyj.co.jp/tsubasa/

血液情報広場・つばさ
http://tsubasa-npo.org/

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群