トップページ > > 血液の特定疾患 > 骨髄線維症(MF)

骨髄線維症(MF)

スポンサード リンク

骨髄線維症(MF)とは

骨髄線維症(MF)とは、骨髄が全体的に線維化する病気で、骨髄穿刺で骨髄液が採取できないのが特徴です。原発性と二次性があり、さらに原発性は急性と慢性があります。

骨髄線維症(MF)の症状は

発症してから3~5年は無症状で、次第に脾臓や肝臓が腫れていき、腹部膨満感、圧迫感、食思不振、体重減少、微熱、皮膚掻痒、痛風などがあらわれるようになります。倦怠感、疲労感などの貧血症状や、皮膚の紫斑など出血症状があらわれることもあります。

骨髄線維症(MF)関連サイト
骨髄増殖性腫瘍患者・家族会(MPN-JAPAN) ※旧MPD-NET JAPAN
http://mpn-japan.org/aboutus.html

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群