トップページ > > 内分泌・代謝の特定疾患 > 副腎酵素欠損症

副腎酵素欠損症

スポンサード リンク

副腎酵素欠損症とは

副腎酵素欠損症とは、副腎皮質でステロイドホルモンを作る過程で必要となる酵素が先天的に欠損することでおこる病気です。

副腎酵素欠損症の症状は

病型により、低血糖、食欲不振、易疲労感、低血圧、塩喪失、循環障害、ショック、低ナトリウム血症、高カリウム血症、皮膚の色素沈着、外性器異常など様々な症状がみられます。

副腎酵素欠損症関連サイト

内分泌・代謝の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

内分泌・代謝の特定疾患一覧

ビタミンD受容機構異常症   甲状腺ホルモン不応症   TSH受容体異常症   偽性副甲状腺機能低下症   PRL分泌異常症   ゴナドトロピン分泌異常症   ADH分泌異常症   原発性アルドステロン症   アジソン病(副腎低形成)   グルココルチコイド抵抗症   副腎酵素欠損症   偽性低アルドステロン症   中枢性摂食異常症   原発性高脂血症   アミロイドーシス   ライソゾーム病   下垂体機能低下症   クッシング病   先端巨大症