トップページ > > 内分泌・代謝の特定疾患 > アミロイドーシス

アミロイドーシス

スポンサード リンク

アミロイドーシスとは

アミロイドーシスとは、たんぱくを主成分とするアミロイドとよばれる線維状の物質が体の中に沈着して個々の臓器の機能障害をおこす病気です。アミロイド沈着が全身の多臓器におこるものを全身性アミロイドーシスといいます。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

アミロイドーシスの症状は

手足のしびれ、まひなどの多発神経炎症状、立ちくらみ、食欲不振、排尿障害などの自律神経症状があらわれます。数日の周期で激しい便秘と下痢を繰り返しおこすのが特徴的です。病気が進行すると舌、甲状腺、肝臓などが硬くはれ、心臓、腎臓の機能が低下します。

アミロイドーシス関連サイト

ALアミロイドーシス患者の会
http://site.wepage.com/al-amy

内分泌・代謝の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

内分泌・代謝の特定疾患一覧

ビタミンD受容機構異常症   甲状腺ホルモン不応症   TSH受容体異常症   偽性副甲状腺機能低下症   PRL分泌異常症   ゴナドトロピン分泌異常症   ADH分泌異常症   原発性アルドステロン症   アジソン病(副腎低形成)   グルココルチコイド抵抗症   副腎酵素欠損症   偽性低アルドステロン症   中枢性摂食異常症   原発性高脂血症   アミロイドーシス   ライソゾーム病   下垂体機能低下症   クッシング病   先端巨大症