トップページ > > 血液の特定疾患 > 特発性血栓症

特発性血栓症

スポンサード リンク

特発性血栓症とは

血栓症とは、血管の中で血液が固まり、血液が流れにくくなる病気です。生まれつき血栓症をおこしやすかったり、なにかの病気との関連で血栓症がおこりやすく原因不明であるものを、特発性血栓症といいます。

特発性血栓症の症状は

血栓のできる場所により症状はさまざまですが、最もよくみられるのは下肢の静脈の血栓で、足がむくむ、靴や靴下の跡がつく、正座できない、痛みを伴って赤紫色に腫れてくるなどの症状があらわれます。

特発性血栓症関連サイト

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群