トップページ > > 脊髄・神経の特定疾患 > 副腎白質ジストロフィー(ALD)

副腎白質ジストロフィー(ALD)

スポンサード リンク

副腎白質ジストロフィー(ALD)とは

副腎白質ジストロフィー(ALD)とは、男性におこる遺伝病で、脳や脊髄の髄鞘、神経細胞がおかされ、副腎の機能不全もともなう病気です。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

副腎白質ジストロフィー(ALD)の症状は

小児で発症する場合は、知能低下、行動異常、斜視、視力低下、聴力低下、足のつっぱりなどの症状があらわれ、進行性で、通常1~2年で寝たきり状態となります。 成人で発症する場合は、歩行障害、知覚障害、尿失禁、インポテンツなどがあらわれて知能低下があらわれない慢性のタイプと、小児と同じ進行性のタイプがあります。

副腎白質ジストロフィー(ALD)関連サイト

ALDねっとわーく
http://www.ldfn.org/aldnet/

脊髄・神経の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

脊髄・神経の特定疾患一覧

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)   ゲルストマン・ストロイスラー・シェンカー病(GSS)   致死性家族性不眠症(FFI)   亜急性硬化性全脳炎(SSPE)   進行性多巣性白質脳症(PML)   脊髄小脳変性症(SCD)   進行性核上性麻痺(PSP)   大脳皮質基底核変性症   パーキンソン病   筋萎縮性側索硬化症(ALS)   脊髄性筋萎縮症(SMA)   球脊髄性筋萎縮症   線条体黒質変性症   オリーブ橋小脳萎縮症   シャイ・ドレーガー症候群(SDS)   副腎白質ジストロフィー(ALD)   多発性硬化症(MS)   ギラン・バレー症候群   重症筋無力症   フィッシャー症候群   慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)   多発限局性運動性末梢神経炎(ルイス・サムナー症候群)   ハンチントン病   単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群)   正常圧水頭症(NPH)   モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症)   ペルオキシソーム病   脊髄空洞症   ミトコンドリア病   スモン   原発性側索硬化症(PLS)   有棘赤血球を伴う舞踏病   HTLV-1関連脊髄症(HAM)