トップページ > > 脊髄・神経の特定疾患 > ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群

スポンサード リンク

ギラン・バレー症候群とは

ギラン・バレー症候群とは、筋肉を動かす運動神経の障害により、突然手足の力が入らなくなる病気です。

ギラン・バレー症候群の症状は

風邪や下痢などの感染から1~2週間後に症状がでることが多く、両手両足に力が入らなくなって動かせなくなり、手足の先にしびれを感じます。顔や目を動かす筋肉に力が入らなくなる、ろれつがまわらなくなる、食べ物を飲み込みにくくなる、呼吸ができなくなるなどの症状があらわれることもあります。

ギラン・バレー症候群の有名人

大原麗子(故人)

ギラン・バレー症候群関連サイト

ギラン・バレー症候群になって
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kye/indexz.html

ギラン・バレー症候群を患って
http://www.oct.zaq.ne.jp/afabv702/

ヒカリサスミチ ~Rays of Hope~
http://raysofhope.jp/

脊髄・神経の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

脊髄・神経の特定疾患一覧

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)   ゲルストマン・ストロイスラー・シェンカー病(GSS)   致死性家族性不眠症(FFI)   亜急性硬化性全脳炎(SSPE)   進行性多巣性白質脳症(PML)   脊髄小脳変性症(SCD)   進行性核上性麻痺(PSP)   大脳皮質基底核変性症   パーキンソン病   筋萎縮性側索硬化症(ALS)   脊髄性筋萎縮症(SMA)   球脊髄性筋萎縮症   線条体黒質変性症   オリーブ橋小脳萎縮症   シャイ・ドレーガー症候群(SDS)   副腎白質ジストロフィー(ALD)   多発性硬化症(MS)   ギラン・バレー症候群   重症筋無力症   フィッシャー症候群   慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)   多発限局性運動性末梢神経炎(ルイス・サムナー症候群)   ハンチントン病   単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群)   正常圧水頭症(NPH)   モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症)   ペルオキシソーム病   脊髄空洞症   ミトコンドリア病   スモン   原発性側索硬化症(PLS)   有棘赤血球を伴う舞踏病   HTLV-1関連脊髄症(HAM)