トップページ > > 血液の特定疾患 > 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

スポンサード リンク

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは、原因となる病気がないのに血小板の減少がおこる、免疫の異常による病気です。急激に発症する急性型と、穏やかに発症する慢性型があります。急性型は子どもに多く、慢性型は成人に多い傾向にあります。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の症状は

血小板が減少すると出血しやすくなり、皮膚の紫斑、歯肉からの出血や鼻血、血便、血尿などの症状があらわれます。ひどい場合には脳出血がおこることもあります。

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)関連サイト

血液の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

血液の特定疾患一覧

再生不良性貧血   溶血性貧血   骨髄異形成症候群(MDS:不応性貧血)   骨髄線維症(MF)   特発性血栓症   特発性血小板減少性紫斑病(ITP)   血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)   原発性免疫不全症候群