トップページ > > 目の特定疾患 > 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

スポンサード リンク

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性とは、目の中の網膜という薄い膜の中心部にある黄斑部とよばれる部位がおかされる病気です。黄斑部はものを見たり、色を判別したりするのに重要な働きをします。

加齢黄斑変性の症状は

視野の真ん中、つまり見ようとするところが見えにくくなる、物がゆがんで見えるなどの症状がまずあらわれます。突然視力が低下する場合もあります。

加齢黄斑変性関連サイト

目の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

目の特定疾患一覧

網膜色素変性症(RP)   加齢黄斑変性   難治性視神経症