トップページ > > 呼吸器の特定疾患 > 若年性肺気腫

若年性肺気腫

スポンサード リンク

若年性肺気腫とは

若年性肺気腫とは、若い年齢で発症する肺気腫のことです。肺気腫とは、肺胞の壁が長い年月をかけてだんだんと壊れていく病気で、喫煙者に多くみられます。

若年性肺気腫の症状は

息切れがおもな症状で、病気の進行とともに息切れがひどくなります。慢性的なせき、たんがみられることもあります。

若年性肺気腫関連サイト

呼吸器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

呼吸器の特定疾患一覧

特発性間質性肺炎   サルコイドーシス   びまん性汎細気管支炎   若年性肺気腫   リンパ脈管筋腫症(LAM)   ヒスチオサイトーシスX   肥満低換気症候群   肺胞低換気症候群   肺動脈性肺高血圧症(PAH)   慢性血栓塞栓性肺高血圧症