トップページ > > 消化器の特定疾患 > 劇症肝炎

劇症肝炎

スポンサード リンク

劇症肝炎とは

劇症肝炎とは、肝細胞が広範囲にわたって急激に大量にこわされ、肝臓の機能が低下していく病気です。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

劇症肝炎の症状は

発熱、筋肉痛、だるさ、食欲不振など風邪のような症状にはじまり、その後尿が濃褐色になり、黄疸がでてきます。やがて意識障害があらわれ、出血しやすくなります。

劇症肝炎関連サイト

日本肝臓病患者団体協議会
http://nikkankyou.net/

消化器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

消化器の特定疾患一覧

潰瘍性大腸炎   クローン病   自己免疫性肝炎   原発性胆汁性肝硬変(PBC)   劇症肝炎   特発性門脈圧亢進症   肝外門脈閉塞症   バット・キアリ症候群   肝内結石症   肝内胆管障害   慢性膵炎   重症急性膵炎   膵嚢胞線維症