トップページ > > 消化器の特定疾患 > バット・キアリ症候群

バット・キアリ症候群

スポンサード リンク

バット・キアリ症候群とは

バット・キアリ症候群とは、肝臓から出る血液を運ぶ肝静脈やその先の心臓につながっている肝部下大静脈が詰まったり狭くなったりすることで、肝臓から出る血液の流れがわるくなり、門脈圧があがり、門脈圧亢進症などの症状をあらわす病気をいいます。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

バット・キアリ症候群の症状は

門脈圧があがると、脾臓が大きくなったり腹水がたまったりします。貧血、血が止まりにくくなる、吐血、下血などの症状もあらわれます。

バット・キアリ症候群関連サイト

消化器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

消化器の特定疾患一覧

潰瘍性大腸炎   クローン病   自己免疫性肝炎   原発性胆汁性肝硬変(PBC)   劇症肝炎   特発性門脈圧亢進症   肝外門脈閉塞症   バット・キアリ症候群   肝内結石症   肝内胆管障害   慢性膵炎   重症急性膵炎   膵嚢胞線維症