トップページ > > 消化器の特定疾患 > 重症急性膵炎

重症急性膵炎

スポンサード リンク

重症急性膵炎とは

重症急性膵炎とは、膵臓に急激に炎症がおこり、激しい腹痛がおこる急性膵炎のうち、膵臓だけでなく、肺、腎臓、肝臓、消化管などにも障害をおこしたり、感染症を合併したりしするものです。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

重症急性膵炎の症状は

激しい腹痛のほか、血圧低下、心拍数増加によるショック状態、腎不全をおこします。意識障害、黒色便、黄疸がみられることもあり、重い感染症をおこすこともあります。

重症急性膵炎関連サイト

消化器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

消化器の特定疾患一覧

潰瘍性大腸炎   クローン病   自己免疫性肝炎   原発性胆汁性肝硬変(PBC)   劇症肝炎   特発性門脈圧亢進症   肝外門脈閉塞症   バット・キアリ症候群   肝内結石症   肝内胆管障害   慢性膵炎   重症急性膵炎   膵嚢胞線維症