トップページ > > 免疫の特定疾患 > バージャー病(ビュルガー病)

バージャー病(ビュルガー病)

スポンサード リンク

バージャー病(ビュルガー病)とは

四肢の血管に原因不明の炎症、閉塞がおこる病気です。閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。

特定疾患治療研究費補助金の助成対象疾患です。

バージャー病(ビュルガー病)の症状は

動脈の閉塞により、手足の冷感やしびれにはじまり、長距離を歩くと足が痛くなったり、安静時の激しい痛み、潰瘍、ひどい場合には壊疽にいたることもあります。

バージャー病(ビュルガー病)関連サイト

免疫の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

免疫の特定疾患一覧

大動脈炎症候群(高安病)   バージャー病(ビュルガー病)   結節性動脈周囲炎(結節性多発動脈炎・顕微鏡的多発血管炎)   ウェゲナー肉芽腫症   アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)   悪性関節リウマチ   側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)   全身性エリテマトーデス(SLE)   多発性筋炎・皮膚筋炎   シェーグレン症候群   成人スティル病   ベーチェット病   抗リン脂質抗体症候群