トップページ > > 皮膚の特定疾患 > 結節性硬化症(プリングル病)

結節性硬化症(プリングル病)

スポンサード リンク

結節性硬化症(プリングル病)とは

結節性硬化症(プリングル病)とは、全身に過誤腫とよばれる良性の腫瘍ができる病気です。

結節性硬化症(プリングル病)の症状は

痙攣発作、皮膚の白いあざ、頬の赤い糸くず様のしみ、頬や下あごの赤みをおびた血管線維腫、手や足の爪の固い腫瘍、腰部のでこぼことした皮膚の盛り上がり、腎臓の嚢腫や腎血管筋脂肪腫、脳腫瘍、知的障害など、全身に様々な症状があらわれます。

結節性硬化症(プリングル病)関連サイト

TSつばさの会
http://www.ts-tubasa.com/

皮膚の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

皮膚の特定疾患一覧

表皮水疱症   膿疱性乾癬   天疱瘡   強皮症   好酸球性筋膜炎   重症多形滲出性紅斑(スティーブンス・ジョンソン症候群)   硬化性萎縮性苔癬   混合性結合組織病(MCTD)   神経線維腫症2型(NF2)   結節性硬化症(プリングル病)   色素性乾皮症(XP)   先天性魚鱗癬様紅皮症