トップページ > > 循環器の特定疾患 > 家族性突然死症候群(QT延長症候群)

家族性突然死症候群(QT延長症候群)

スポンサード リンク

家族性突然死症候群(QT延長症候群)とは

家族性突然死症候群(QT延長症候群)とは、突然立ちくらみや意識を失う発作がおこる、遺伝性の病気です。検査をしても心電図のQTいわれる部分が正常よりも長い以外には異常が見つからないことから、「QT延長症候群」ともよばれています。

家族性突然死症候群(QT延長症候群)の症状は

脈が乱れて立ちくらみ、動悸、ひどい場合には意識を失う発作がおこります。発作のとき以外は無症状です。

家族性突然死症候群(QT延長症候群)関連サイト

循環器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

循環器の特定疾患一覧

肥大型心筋症(HCM)   特発性拡張型心筋症(DCM:うっ血型心筋症)   拘束型心筋症   ファブリー病(ライソゾーム病)   家族性突然死症候群(QT延長症候群)