トップページ > > 呼吸器の特定疾患 > ヒスチオサイトーシスX

ヒスチオサイトーシスX

スポンサード リンク

ヒスチオサイトーシスXとは

ヒスチオサイトーシスXとは、肺好酸球性肉芽腫症、ハンド・シュラー・クリシチャン病、レテラー・シーベ病の3つをあわせた名称です。ランゲルハンス細胞とよばれる細胞が増えることが共通していますが、それぞれ異なる病気です。

ヒスチオサイトーシスXの症状は

肺好酸球性肉芽腫症では、からせき、息苦しさ、倦怠感、微熱、体重減少、などの症状があらわれます。自覚症状がまったくないこともあります。ハンド・シュラー・クリシチャン病では、頭蓋骨の欠損、眼球の突出、尿崩症があらわれます。レテラー・シーベ病では、全身の臓器がおかされ、それぞれの臓器の症状があらわれ、死にいたることがほとんどです。

ヒスチオサイトーシスX関連サイト

呼吸器の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

呼吸器の特定疾患一覧

特発性間質性肺炎   サルコイドーシス   びまん性汎細気管支炎   若年性肺気腫   リンパ脈管筋腫症(LAM)   ヒスチオサイトーシスX   肥満低換気症候群   肺胞低換気症候群   肺動脈性肺高血圧症(PAH)   慢性血栓塞栓性肺高血圧症