トップページ > > 骨・関節の特定疾患 > 進行性骨化性線維異形成症(FOP)

進行性骨化性線維異形成症(FOP)

スポンサード リンク

進行性骨化性線維異形成症(FOP)とは

「Fibrodysplasis Ossificans Progressiva」を略して「FOP」、あるいは「進行性硬化性化骨筋炎」「進行性骨化繊維増殖症 」「進行性化骨筋炎」などとも呼ばれています。多くは2-3歳頃に発症し、筋肉、腱、靱帯などが徐々に骨化していき、全身の関節が動かなくなっていく病気です。最終的には呼吸もできなくなります。

進行性骨化性線維異形成症(FOP)の症状は

短くて大きな爪先、足の親指に外反母趾のような骨があるのが特徴です。物心がつく頃にはバンザイができないことがほとんどです。

進行性骨化性線維異形成症(FOP)関連サイト

J−FOP患者家族会(旧J-FOP~光~)
http://j-fop.sakura.ne.jp/

骨・関節の難病サイト一覧
総合情報・団体サイト一覧


スポンサード リンク

骨・関節の特定疾患一覧

後縦靭帯骨化症(OPLL)   黄色靭帯骨化症   前縦靭帯骨化症   特発性大腿骨頭壊死症   特発性ステロイド性骨壊死症   広範脊柱管狭窄症   進行性骨化性線維異形成症(FOP)